スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Macのここが好きPart1

Macを使い始めて2年がたちます。
だいぶMacに慣れてきた気がします。
Macを使い始めて、そしてこのブログを書くようになって、
コメントやメールで「Macに乗り換えてよかったことを教えてください」という趣旨のことをWindowsユーザーに尋ねられることも何度かありました。
そこで、Macを使ってみて感じたことを書いてみようと思います。

※Macを使い始める前はWindowsXPがメイン機だったので、XPと比較して書きます。
Vistaは使ったことがほとんどないのでわかりません。


1 検索機能
Macの検索機能Spotlightには本当に驚かされました。
Spotlight

とにかく検索が速い

WindowsXPでは、Microsoft Office WordなどのOffice製品でファイルを作成した場合、特に設定を変えない限りは、通常、マイドキュメントに保存されるかと思います。
office保存

でも実際には「プライベート」「仕事関係」というように関係するファイルをフォルダごとに保存します。
保存する操作をするのは人間。
間違いもあります。
どこに保存したのかわからなくなる場合もあります。

そのような時、標準の検索機能を使ってファイル名を入力し検索することになります。
XPでもインデックスをつけて検索を早くする仕組みがありますが、
結局のところ、検索するたびに始めからインデックスを確認しながら探すことになります。
高性能なパソコンでも目的のファイルにたどり着くためには数分を要します。

それに比べSpotlightはメタデータというものを作成し、それを検索しているようです。
わかりやすく例えるなら、「倉庫のどこにどんな荷物が入っているのか記した台帳」みたいなものでしょうか。
ファイルを作成すると同時に、その「台帳」に記録されるため、
ユーザーが「台帳」を意識することはありません。
倉庫に適当にしまったものでも、それを紛失することはありません。

つまり、Spotlightで検索すれば、あっという間にそのファイルがどこにあるのかわかって、すぐに開けるということです。
大げさに言えば、どこに保存したか覚えておかなくてもSpotlightを使えばいいわけですから、
ファイルはどこに保存してもいいわけです。

しかも、Leopardになり、Quicklookという最強のプレビュー機能がつきました。
Spotlightで検索した後に、Quicklookで簡単に中身を確認できるようになりました。
この2つの機能を使ってファイルを探せば、数秒でファイルを開けること間違いなしだと思います。
(Quicklookについての記事はこちらをどうぞ。)

SpotlightとQuicklookの最強タッグの様子を言葉だけでは伝えられないのが残念ですが、
是非ともこの最強タッグを体験してもらいたいものです。

※メタデータを利用した検索機能はWindowsにもあります。
WindowsデスクトップサーチとGoogle Desktopです。
両者については以前記事に書きましたので、詳しくはそちらをご覧ください。
・Google Desktopについて
・Windowsデスクトップサーチについて
※ただし、上記の記事のMacは、バージョンが10.4(Tiger)です。
現在の10.5(Leopard)とは少し違います。

>神巫さん
Spotlightを使い始めたら、Spotlightなしではやっていけません(笑)

2008.01.11 14:43 iso #- URL[EDIT]

神巫です。
Spotlightそのものではなく、メタデータを標準的に取り入れているところが良いのではないかと思います。
フォルダによる整理法だと、一つのファイルには一つの属性(階層構造でなら幾つかは)しか持たせられませんが、ファイルにメタデータを付加するのであれば、原理的には幾らでも属性を持たせる事が可能です。その属性によって、スマートにデータを括り出す事ができるのが利便性につながるのでしょうね。
まあ、これは今となってはMacだけではありませんし、私の場合、宝の持ち腐れな訳ですが。

しかし、ディレクトリ階層掘り返すのが面倒だからSpotlightと言うのは盲点でした。それは確かにアリかもしれません。(笑)

2008.01.10 23:32 神巫 #- URL[EDIT]

>神巫さん
私もファイルはフォルダごとに整理してます。結構細かく。
ただ、その細かすぎる分け方がよくないのか、どこに保存したのかわからなくなるときがあります(笑)
また、深い階層のフォルダに保存したらそこまでたどり着くのが面倒なので、Spotlightで検索したりもします。
変な使い方ですが、便利です。
私も開発する技術があればもっとMacを楽しめそうですが、そこまでの技術がないのが残念でなりません。

2008.01.10 19:41 iso #- URL[EDIT]

去年の春にMacを買い、今はメインマシンとして活躍していますが、実はSpotlightはキーボードランチャとしてしか使っていなかったりします。ファイルは整理しないと気がすまない質なので。勿論、Windowsでも検索機能は全然使っていませんでした。

個人的にMacで良かった点は、フォントの美しさとUNIXである事と開発環境付きである事でしょうか。と言うか、その為に買ったようなものなんですが。当初想定してなかったものとしては、やはりLeopardのQuickLookとStacksでしょうか。これはすごく便利ですね。

2008.01.09 22:53 神巫 #- URL[EDIT]

私もWindowsユーザーだった時にMacにあこがれたのは、グラフィックの美しさです。
美的感覚に個人差はあると思いますが、私の場合、Mac OA XのAquaの美しさに目を引かれました。

2008.01.09 00:45 iso #- URL[EDIT]

Spotlightはファイル整理の概念を変える革命的機能でしたね。自分もMacにしてから2年半位経ちます。今でも使いまくってますが、Exposeの衝撃は凄かったです。他にもいろいろあるけれど、Windows派を唸らせるにはグラフィックと音ですかね。フォントきれいだし。

2008.01.09 00:18 mcs #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

MacやWindowsの話さんで『Macのここが好き Part1』と言うエントリがありました。 触発されて、今私の思う事を同じようなテーマで書いてみます。 Macの魅力 普段使いの環境でUNIX。 Apple製ソフトの連携がスムーズ。 ハードウェアのデザインがシンプル GUI(含むフォント)が

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。