スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

コピーの速さ

Macが2台になったのですが、2台目のMacBookのほうが使用頻度が高くなったので、
iPhotoやiTunesのライブラリをコピーすることにしました。

どちらも10GB以上。

はじめ試したのはネットワーク経由でのコピー。
ちなみに
MacBook←無線(n)→Air Mac Extreme Base Station←有線→iMac G5
という流れ。

しかし、残念ながらコピーを完了させることができませんでした。
数時間かかった後にエラー。

仕方ないから外付けHDDを介してコピーしようかと思ったのですが、2度手間。

そこで調べてみたら、「ターゲットディスクモード」というのがあるではないですか。
Windows歴の長い私にとって、Macのターゲットディスクモードにはびっくりしました。
私のようなMacビギナーのために簡単に解説をしますが、
ターゲットディスクモードとは、Firewireで直接接続したMacを外付けHDDとして接続する機能です。
私はiMac G5を外付けHDDとして接続させてみました。
すると、MacBookからはFirewireで接続されたHDDとしてマウントされます。
しかも、Firewireなので、データの転送は結構速いです。
(確か、理論値では400Mbps。実際にはもっと遅いですが、USB2.0よりは速く感じます)

そこで、移したいデータをコピーし始めました。
123copy1


一番下のiPhotoライブラリが残り1時間となっています。
一番上のiTunesライブラリは46分となっています。


数分後に見てみると、
123copy2


iPhotoライブラリがまだ残り1時間なのに対し、
iTunesライブラリは残りが17分となっています。
どちらも12GB前後で大きいのですが、
コピーの速さに大きな違いが出ました。

なぜでしょう?

私の勝手な予想では、コピーの速さはファイルサイズよりも、コピーするファイルの数に依存されやすいのでは?
ということです。

iPhotoのライブラリには数万にも及ぶ写真のオリジナルデータとサムネイルデータがあります。ファイルの数は膨大です。

一方、iTunesのライブラリは2500曲前後のmp3ファイルと、ライブラリのデータが入っています。
1つあたりのファイルの大きさは写真よりも大きいですが、ファイルの数はiTunesの方が少ないです。
その分、速くコピーできたのではないでしょうか。
(あくまで、私の勝手な予想です)

ところで、Macでファイルをコピーするときに困ることが一つ。

いくつかのファイルを同時にコピーすると、
「1493項目を"ミュージック"にコピー中」と表示されます。
これが何段にもなると、どの段のコピーがどこへコピーされているのはわかりにくいです。

今回、iTunesのライブラリをコピーしたときはフォルダごとコピーしているので、
せめて、「1493項目」とかじゃなくて、フォルダ名を表示してほしいです。
途中でコピーをキャンセルしようにも、項目数だけではよくわかりませんから。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。