スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Windows Xp servicepack3のインストールに挑戦

Windows XPでServicepack3が出たみたいなので、BootcampのXPにインストールを試してみる。
もちろんBootcampもVMwareもServicepack3に対応したものをインストール済み。

まずは、BootCampでWindowsを起動し、
WindowsUpdateからServicepack3をインストール。

途中、どうしても調べたいことがあったので、Windows版Safariを起動して調べ物をしていたところ、

突然のブルースクリーン。

そして、チェックディスクが始まる。
129check


Windowsのこの画面を久々に見ました。

その後、ほっといたら、今度はOS Xで再起動してた。
起動ディスクを選択するための「optionキー」を押さなかったので、当然の結果です。

おそらく、この時点でServicepack3のインストールに失敗していると考えられるので、
BootCampのXPで起動した方がよかったのかもしれませんが、
何も考えずにVMwareで起動してしまいました。

案の定、Servicepackはインストールに失敗していたみたいで、
画面には「インストールに再挑戦するか?」という趣旨のウィンドウが。

結局、VMwareのままインストールに再挑戦。
129xp1

しばらくしてインストールが終わったんですが、結果は、
129xp2


Servicepackのままです・・・・。

もう少し様子を見た方が良さそうですね。

初めまして。
私はVMWareではなく、Bootcamp上でSP3を入れましたが、特に問題
もなくインストールが終わりました。
ただ、非Intel製CPU搭載の一部PCでSP3をインストールすると再起動
を繰り返すという現象が出てるみたいなので、まだ問題があるのか
もしれませんね。

2008.05.15 00:18 まっち~ #- URL[EDIT]

>SIGMAさん
おそらくsafariを動かしていたのが悪かったと思います。
チェックディスクの最中もSafari関係のファイルの修復をしていました。
やはりOSのServicepackをインストールするときは、他をいじらない方がよいですね。

2008.05.12 23:08 iso #- URL[EDIT]

途中で調べ物をされたのが悪かったのでしょうか...?

当方、VMware に入れてますが、今のところ問題なく動いております。

2008.05.12 02:44 SIGMA #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。