スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

こんなところに保証書が。

Apple Mini DVI-VGA アダプタを買いました。
136minidvivga

私は個人的にappleの製品「梱包のシンプルさ」がお気に入りになのですが、
このアダプタもまた、シンプル。
136保証書2

黒い部分の裏には、数カ国語で「Apple Mini DVI-VGA Adapter」と書いてあるのと、
「Mini DVIポートを装備したMacコンピュータが必要です。」と書いている以外は、ほとんど何も書かれていません。

コンピュータの周辺機器の多くはWindowsを対象としてる場合が多いからなのか、
パッケージには説明書きがたくさんあります。

Windowsとひとくくりに言っても、Macに比べると様々な種類のパソコンが存在し、さらには、CPUやビデオカードなど内部の部品との相性も関係ありますからですかね。
どうしても説明書きがたくさん必要なのでしょう。

それに対してAppleの製品は、もちろんWindowsで使うことも想定されて作られているものもありますが、今回のアダプタのように、対象機器がMac(その中でもMacBookなどの一部製品)に限られている場合が多いので、説明書きもさほど必要ないということでしょうか。

ただ、Macの知識が少ない人にとっては不親切かもしれません
私は「VGA」なんて用語、はじめて知りましたから(恥)

さて、話は戻り、早速あけてみました。

そして紙でできている黒い部分を破いていると、内側になにやら文字が。
136保証書1

拡大してみると、
136保証書3

保証契約書です。

もちろんこの中には購入した日付などが書かれていないので、これとは別に、領収書がないと保証書としては使えません。

そこで、領収書を見てみました。
「ヨドバシ・ドット・コムでは、このお買い上げ票が製品保証書に捺印する、店舗印の代わりとさせていただいております。必ず製品の保証書と一緒に大切に保管してください。紛失された場合に再発行は行いませんのでご注意ください。」

やはり、保証契約書と領収書の両方がないと保証はされないみたいですね。

ただ、この部分は捨ててしまいますよね・・・・。

梱包をシンプルにするために、保証書のようなたくさんの文字を外部から見えない内部に書いたのでしょうが、捨ててしまうようなところに保証内容を書かれても、意味がないように思えるのですが、いかがなもんでしょう?



意外なところに見つけてしまったので、今後、Apple製品を買うときは隅々まで見たくなりますね。

2008.10.03 00:42 iso #- URL[EDIT]

こんにちは♪

よく気が付かれましたね(*^o^*)
自分だったら、気付かずに捨ててます(・・;)。

2008.09.27 10:51 Ryo #/Gbb2fdw URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。