スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

保護されたPDFの保護を解除する?

以前、こんな記事を書きました。

Leopardのプレビューは高機能すぎ!?

パスワードによって保護されたPDFを編集できてしまうという話題です。

すべてのPDFで可能なわけではないですが。

さて、今回もPDFにまつわる話を。

先日、とある音楽系サイトで有料の楽譜を購入しました。

そのサイトでは購入した楽譜(PDF形式)をブラウザ上で表示し(表示には購入後に知らされるパスワードが必要)、そこから印刷することになっています。

さらに、ブラウザ上で楽譜を表示できるのは3日以内です。

これは、「楽譜に関する著作権を守るため」ということです。

ただ、Safariの場合、ウィンドウにこんなものが現れて、PDFは簡単にダウンロードできてしまいます。

ただし、これでダウンロードしたPDFファイルにはパスワードによる保護がされていて、必ずパスワードを求められます。

アイコンプレビューも機能しません。

Quicklookもだめです。

もちろん、Coverflowもです。

ですから、ダウンロードできたとしても、表示し、印刷するにはいずれにせよ、パスワードが必要になります。

先ほどの赤い画面にパスワードを入れてみました。

ちゃんと、表示されています。

しかし、ここからが少し問題あり。

まず、このサイトでは「購入した楽譜がブラウザ上で表示できるのは3日以内で、それまでに印刷してください」ということになっていたのですが、

今回ダウンロードしたPDFファイルは、パスワードを入れれば、3日過ぎても表示が可能です。(ちなみに、4ヶ月以上前に購入した楽譜も表示可能でした。)

つまり、3日過ぎても印刷ができてしまうわけです。

さらに、プリントアウトする際にこんなウィンドウがでてきますが、矢印部分に注目してください。

なにやら、「PDF」と書かれていますね。

クリックすると、

別のPDFファイルとして保存できます。

「セキュリティオプション」をクリックすると、

開いたり、コピー、印刷時にパスワードを求めるように設定できます。

今回は、パスワードの設定をせずに保存してみます。

すると、あら不思議。

アイコンプレビューされています。

Quicklookは、

できています。

Coverflowだって、

ばっちりです。

当然、開いてみたら、

先ほどの楽譜を同じものです。

つまり、パスワードで保護されていたはずのファイルが、パスワードを必要としないファイルになってしまったわけです。

厳密に言うと、ファイルサイズが156KBから236KBに増えているため、同じものではありませんが、印刷しても、その差は大して変わりません。

これって、著作権上、まずいですよね。

パスワードで保護されているファイルは、新たにPDFファイルとして保存できないようにするなどの対策をした方がよいのではないでしょうか、Appleさん。

あ、くれぐれも、

悪用しないでください。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。