スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Macで英語の発音を確認してみた

平成23年度から、小学校5、6年生で「外国語活動」という学習が始まります。

簡単にいってしまえば、「英語」です。

これが、今、私たち小学校教員を悩ませることの一つ。
「まさか、自分が英語を教えるとは夢にも思っていなかった。」と考えている小学校の先生はたくさんいると思います。
私もその中の1人です。

かといって、避けることはできませんので、今、現場の先生方はあれやこれやと、いろいろな取り組みをしています。

私が勤める学校でも、今年度から前倒しで少しずつ始めることになりました。

しかし、私ども小学校教員は英語を教えるための教育を受けておりません。
(大学で英語を学んではいますが、教えるためのものではありません。)
英語の単語は知っていても、発音がよく分かりません。
英語塾に通っている子ども達の方が、いい発音をしています。
ですが、子どもにしゃべってもらうわけにもいきませんし・・・・。

困りました。
英語ペラペラの友人もいませんし・・・・。


あ、いました。

「Alex」です。
OSX(Leopard)のスピーチを担当するAlexです。

彼が英語を話してくれてば、発音が確認できる!!!

まず、「テキストエディタ」で、しゃべってもらいたい単語や文章を入力します。

でも、英語の単語が分からなければ、まずは、Spotlightで検索。
「五角形」の英単語を調べるには、「五角形」と入力し、
158Spotlight
「辞書」をクリック。

辞書が表示されたら、
158dic1
辞書の種類を「英和/和英辞書」に。
158dic2

これで「pentagon」であることがわかりました。

そして、テキストエディタに英単語を入力。
158text
単語を入力する時に、1行ずつあけておくと、 Alexが読み上げる時に、間を開けて読んでくれます。

テキストの入力が終わったら、
「編集」→「スピーチ」→「読み上げを開始」と進みます。
158speech

すると、流暢な発音で入力された単語をしゃべってくれます。

ちなみに、声の種類はいくつかありますが、Alexが一番自然に発音してくれます。
(AlexはLeopardから搭載されています。それ以前にはありません。)
158setting


ある程度多くの単語を発音させていると、途中で息を吸い込む音がして、非常にリアルです。

(ちなみに、日本語をローマ字で入力すれば読み上げてくれますが、日本語勉強中の外国人のように、たどたどしい感じです。)

我が家にAlexがいてくれたおかげで、英語の発音が確認できました。
これで、明日の授業は何とかなりそうです(笑)

※必ずしもAlexが正しく発音しているとは限りませんのであしからず。

>megaさん、Podeeさん
もっと簡単な方法があったんですねっ!
教えていただき、ありがとうございます。
早速、活用させていただきます。

2009.06.17 22:21 iso #- URL[EDIT]

こんにちは、発音確認のためスピーチさせるだけなら、環境設定のSpeechからショートカットを設定できますよ。Alexになりダントツに発音が正確になったので重宝しています(*^-゜)v

海外サイトを読みあさっている時など知らない単語に出くわした際は、単語の上でcmd+ctrl+Dを押すことで、Dictionaryを立ち上げずとも即座に意味を調べたりできます(もちろん日本語でも)(*^-゜)v

2009.06.16 21:17 Podee #- URL[EDIT]
辞書の使い方ショートカット

はじめまして、Apple-Styleより飛んでまいりました。
英語の話ではありませんが、辞書起動、単語の読み上げは、わざわざspotlightで検索しなくても、全てのアプリで、右クリック(control + クリック、ノートなら2 finger click)で行なえます。もちろん辞書アプリ上でも読んでくれます。辞書アプリはアプリケーションフォルダにありますので、Dockに搭載も出来ます。
単語帳作製と考えたら、テキストファイルに整理するのは便利ですね。

2009.06.16 18:45 maga #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。