スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Security Update 2007-001

Security Update 2007-001がリリースされました。
詳しくはこちらへ

内容はQuick Timeで悪意のある Web サイトを訪問すると、任意のコードが実行される可能性があるのを修正するとのこと。

対象となるのはMac OS X v10.3.9、Mac OS X Server v10.3.9、Mac OS X v10.4.8、Mac OS X Server v10.4.8、Windows XP/2000 上の QuickTime 7.1.3とのこと。

ちなみに、インストールされると再起動を要求されます。
作業中のインストールにはご注意を。

ところで、Windows Updateでも「任意のコード」とよくありますが、いったいどんなコードなんでしょうかね?

ま、警戒しておくことにこしたことはないのですが。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。