スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

スクリーンセーバーでカモフラージュ

ネットでは人には見られたくないような(見せられないような)いかがわしい画像などを見ているとき、家族などが突然部屋に入ってきて、あわててPC画面のスイッチを切ったり、最悪の場合、本体の電源スイッチをポチっとしてしまう人って結構いましたよね?

ちなみに私が学生の頃、ゼミの教授のところに行ったら、あわててパソコンのスイッチを押してました(笑)

いかがわしい画像ではなくても、仕事上、他人に見られたらいけないファイルを開いていたりする場合ってありますよね。

そんな時は、Macのスクリーンセーバーを使ってみましょう。

私はまだマック初心者なのでTigerしか使ったことありません。
もしかしたらTigerのみの機能なのかもしれませんので悪しからず。

まずはスクリーンセーバーを選択します。
ここで選択するのは、画面を完全に覆い尽くすものを選びましょう。
画面が薄暗くなって何かが動くとかいうスクリーンセーバーでは、それまで開いていた画面が見えてしまいますので。


スクリーンセーバー



そして左下の「ホットコーナー」というボタンをクリック。
するとこんなウィンドウが出てきます。

ホットコーナー2


画面の4すみのどれかに「スクリーンセーバーを開始する」に設定します。

ちなみに「システムの環境設定」の「DashboardとExpose」からも設定できます。
ホットコーナー



そして画面の4すみのうちの1つ(先ほど設定したところ)にマウスを動かすとスクリーンセーバーが始まります。


これで直前まで見ていたものがなんなのかはわかりません!!!



ただし、スクリーンセーバーが動いているパソコンの前にじっと座っているのはあまりにも不自然です。


そんな時は、RSSに対応したスクリーンセーバーに設定しておいて、

「いや~、ニュースチェックしてたんだぁ。」

と苦し紛れの言い訳をするか、

綺麗なスクリーンセーバーに設定しておいて、

「俺のMacは本当に美しすぎるよなぁ。」


と、酔いしれているふりをしましょう(笑)



いずれにせよ、

怪しい(-_-;)

って思われるんですけどね・・・・。


管理者にだけ表示を許可する

カモフラージュカモフラージュまたはカムフラージュ(フランス語:camouflage)とは、周囲の風景に溶け込むことにより、敵の監視を欺き、対象を発見されないようにする方法のことである。カモフラージュの対象には、艦船・航空機を始めとする兵器・兵士のほか、建造物まであ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。