スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Toast® 8 Titaniumを買いました。

珍しくシェアウェアを買いました。

windowsを使っている時もできる限りフリーウェアで済まそうと思っていたのですが、
今回は買ってしまいました。

買ったのは、TOAST 8 TITANIUM
発売されたばかりの新製品です。

製品詳細はホームページ


まだ使い倒していないので、何とも言えないのですが、
シェアウェアだけあって、高機能な気がします。

「気がします」というのがまた微妙な表現・・・。

というのは、Macを使い始めてこの1年、
ほとんどデータを光学式ドライブメディアに焼いたり、バックアップをとったことがないのです。

音楽CDを作るならiTunesを使うし、オリジナルDVDを作るときはiDVDを使っています。
データCDを作るくらいならUSBフラッシュメモリに保存して持ち運びしますし、
データのバックアップをとるのはいつも外付けハードディスクです。

意外にデータCD(DVD)って作る機会は少なくありませんか?

さらには、私は仕事ではwindowsを使っており、何よりも優先されるのは互換性です。

OSXではFinderの「新規ディスク作成フォルダ」を使えば、CDやDVDを焼けるらしいのですが、追記はできません。(Windowsでの認識は可能みたいですね。)

ディスクユーティリティを使えば追記できるCDを作れるらしいのですが、今度はwindowsで認識できないらしいんです。
(何しろ、ほとんど使ったことがないので、よくわかってません。ごめんなさい。)


そんな理由からこれまで焼いたことはほとんどありませんでした。

しかし、最近困ったことにWindows PCのDVDドライブの調子が悪く、焼くのに失敗することが多くなりました。
多くなったというより、ほぼ90%以上の割合でエラーを起こします。
何枚もCDやDVDを無駄にしてしまいました。

ドライブの交換に数万かけるくらいなら、もう少し我慢して、MacBookがほしい。
でも、それまでドライブが故障したままはつらい。
せめてMacで自由自在に焼けるようになりたい。

そんな理由から購入しました。

某家電量販店で15000円ほど。
定価より安かったので、ラッキーと思っていたのですが、
今日になってネットで調べたら、Amazonでは12980円で売っているではないですか!!!

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!




何事も、ちゃんと調べてからの方がいいですね(;´д`)トホホ…




フリーで使えて日本語に対応しているのはいいですね!
私は英語が苦手なので、とても便利ですね。

2007.02.22 00:21 iso #- URL[EDIT]

そういえばCD/DVDライティングソフトウェアにLiquidCDというのがあります。かなり高機能で正直驚きました。

2007.02.21 03:54 Coconut #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。