スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

タスクマネージャとアクティビティモニタ

Windows(2000,XP,Vista)にもMacにもシステムの状態を調べるためのアプリケーションが備わっています。
それぞれ、「タスクマネージャ」と「アクティビティモニタ」。

両者はとても似ていますが、若干違うところもあるので、ご紹介。

まずは「プロセスの表示」について。
タスクマネージャでは以下のように表示されます。
タスクアプリ

上の画像は起動しているアプリケーションの種類と状態がわかるウィンドウです。フリーズしていれば「状態」のところが「応答なし」と表示されます。
「タスクの終了」を押すとそのアプリケーションが強制終了される仕組みです。
しかし、ここにはすべてのアプリケーションが表示されません。
起動中のすべてのアプリケーションが表示を確認するには「プロセス」タブをクリックします。
タスクプロセス

どのプロセスがどのくらいのCPUやメモリを消費しているのかわかります。

一方Macのアクティビティモニタでは、
アクティブCPU

のようにすべてのプロセスが始めから表示されます。
ここからここのアプリケーションの状況を調べるわけですが、「すべてのプロセス」となっている部分を「ウィンドウのあるプロセス」に変えると、一覧に表示される数を絞ることができます。
さらに、その横の検索窓から検索すると、特定のアプリケーションのみを表示させることができます。

次は「CPUとメモリの使用状況」について。
タスクマネージャではこのように表示されます。
タスクパフォ

ここではCPUとメモリの使用の状況がわかります。
MacのタスクマネージャではCPUとメモリが同じ画面に表示できないので、Windowsの方が便利かもしれませんね。
ただし、わかりにくいのはメモリの表示。
「物理メモリ」やら「カーネルメモリ」など、素人にはとうてい理解しがたいマニアックな用語が並ぶ上に、すべて数値で表されます。

それでは、Macのアクティビティモニタではどのように表示されるかというと、CPUは同じようなグラフで表され、見た目に大きな違いはありませんが、メモリの表示は全然違います。
アクティブメモリ

ご覧のように、使用されているメモリと使用されていないメモリが色分けされて円グラフで表示されます。直感的にわかるようになっているわけです。

次は「ネットワーク」について
タスクマネージャではこんな感じです。
タスクネット

ネットワークを使用していないのでグラフが表示されていませんが、データのやりとりが行われると、折れ線グラフが現れます。
ただ、分かりにくいのが数値の表し方。
単位が「%」になっているためです。
この場合「10Mbpsに対して何%の速さか」という意味になります。
分かりにくいです。

一方、アクティビティモニタでは、
アクティブネット

上の画像からわかるのように、単位は「バイト/秒」となっており、ちゃんと速さの単位です。
なお、「バイト」の部分は速くなると「KB」に変わります。
また、「パケット」でも表示可能です。

次は「ハードディスクの使用状況」について。

タスクマネージャでは残念ながらハードディスクの使用状況を確認することはできません。
マイコンピュータを開き、HDDを右クリックしてプロパティを見るなどして確認する必要があります。
ハードディスク容量

(Vistaではマイコンピュータを開けばHDDアイコンの側に帯グラフ状で表示されるはずです。)→Vistaを持っていないので正確には分かりませんが・・・。

アクティビティモニタではハードディスクの動作の状況と空き状況が確認できます。
アクティブディスク空

複数のハードディスクが搭載または外付けで接続されてれば、それについても確認できます。
もちろん、こちらも円グラフで表示されるので、使用状況は一目瞭然です。



アクティビティモニタには他にも便利な機能がたくさんあります。

その一つは、すべてのプロセスを印刷できるということ。
PDFファイルとしても保存できます。
Windowsではウィルスやスパイウェアなどが起動していないか疑わしい時は、一つ一つのプロセスを調べることが必要になるときがあります。
Windowsのタスクマネージャでは印刷できないので、手で書き写さなければいけません。
ウィルスやスパイウェアの心配を考えると、印刷の機能はWindowsこそ必要だと感じます。
(フリーソフトの中にはすべてのプロセスを表示・印刷できるものもありますが)


また、アクティビティモニタのDockアイコンをグラフにすることもできます。
例えば、CPUの使用状況をアイコンに表示させるとこうなります。
Dockアイコン

メモリの使用状況をアイコンに表示させると、円グラフで表示されます。
Dockアイコン2


今日も長々と書いてしまいました。
最後まで読んでくださってありがとうございます。
そしてお疲れ様です(笑)

なお、今回のWindowsの画像は、Virtual PC上のWindows XPの画像です。
めちゃめちゃ重いです・・・・。

いつかIntel Macを買って、快適にWindowsとMacを使いたいものです。


管理者にだけ表示を許可する

Activity Monitor : アップル純正ソフトMacやWindowsの話(isoさん)のところに「タスクマネージャとアクティビティモニタ」の話が紹介されています。MacのActivity MonitorとWindowsのタスクマネージャとの比較詳細

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。