スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

TrimTheFatで減量化

IntelベースのMacがでて1年くらい経ちましたかね。
IntelベースのMacの登場によって、世に出てきたのが「universal binary」のアプリケーション。
IntelベースでもPPCでもどちらでも使えるってことです。
なぜそんなことが可能かというと、両方のコードが含まれているからです。

ただ、私のようにIntel Macを持っていない人間にとって、intel部分のコードは不必要です。
その分、ハードディスク容量を使っていますし(といっても大容量のHDDではそんなに気になりませんが)、起動時にメモリも多く消費されます。
特に搭載メモリが小さい場合は少しでも読み込むメモリを少なくしたい。

そんな時はこのアプリを試してみましょう。

TrimTheFat
TrimTheFat


http://homepage.mac.com/gweston/
「Download」をクリックし、「TrimTheFat」というところをクリックするとダウンロードが始まります。

このアプリケーションはUniversal binary化されたアプリケーションの中の不必要なコードを削除するものです。
IntelベースのMacを使っていれば、PPC部分を削除します。
PPCを使っていれば、Intel部分を削除します。
アプリケーションによっては不具合を起こす場合もあるようです。あくまで自己責任でお願いします。



起動するとこんな画面。
TrimTheFat1


このウィンドウに減量化したいアプリケーションをドラッグします。
今回はiTunesを減量化してみました。

数秒待つとこんな画面が。
TrmaTheFat2


すると、もとのアプリが保存されていたフォルダに二つのアプリができあがります。
「iTunes」と「iTunes-U」
「iTunes」が減量化されたもので、「iTunes-U」は元のUniversalバージョンです。
どうやら自動でバックアップされるみたいですね。
元に戻したいときは、減量化されたものを削除し、「iTunes-U」を元の名前に戻せばOKです。
それでも不具合を起こすようであれば、再インストールをお勧めします。

それでは、どのくらい減量化されたのかといいますと、
もとの状態は
情報universal

減量化すると
情報PPC

となります。
およそ13MBの減量に成功しました。
およそ83%まで減量しています。


さて、両者を起動して消費メモリを確認しました。
(一番右が仮想メモリでその隣が物理メモリ)

減量前は、
メモリUniversal

(サムネイルでは見にくいのでクリックして確認してください。)

減量後は、
メモリPPC

(サムネイルでは見にくいのでクリックして確認してください。)


じゃっかん減っていますね。
私の体重もこれくらい簡単に減量できればいいのですが(笑)

この作業はプログラムを改変することであり、サポートを受けられなくなる可能性があります。何度も言いますが、あくまで自己責任でお願いします。


2007.3.13追記
ゆきちさんのご指摘によると、Universal Binaryでも消費メモリは関係ないそうです。

>ゆきちさん
わかりやすい説明をありがとうございます。
そう言われればMacのアプリはディレクトリですよね。
この違いがWindowsスイッチ組の私にはピンとこない点でした。
こういう風に教えていただいて、また勉強になります。
ありがとうございます。
これからもバシバシとつっこみ(ご指摘)をお願いします。

2007.03.21 00:55 iso #- URL[EDIT]
去年あたりのMac Peopleなどに

去年あたりのMac People(Mac Fan?)にUniversalバイナリのことが図解で詳しく載っていました。Macのアプリケーションって単に .app がついたディレクトリなので、その中の適切なCPUのコードを読み込む仕組みがOSに備わっています。で、不必要な方のCPUのコードのファイルを単に削除しているだけなのでトラブルが起きるという要素はあまりありません。私も含めてですがWindowsからのスイッチ組はUniversalバイナリ=2つのCPUに対応した大きな一つのファイルと思われている方が多いのですが、単にディレクトリなので心配はほとんど無用です。

2007.03.21 00:34 ゆきち #- URL[EDIT]

私も小心者なので、「○○-U」のファイルを捨てれないでいますよ。
これではハードディスク容量の軽量化どころか、圧迫してますね(笑)

2007.03.15 21:57 iso #- URL[EDIT]
僕も勉強になりました

僕もTrimTheFat使ってます。
2ちゃんねるか、どこか?のサイトで、TrimTheFatを使うと読み込みが早くなるってレスがあったんですが、ガセでしたね。
勉強になりました。
これを使っても、不具合がこわくて「○○-U」のファイルを捨てれない今日この頃、30GのiBookのハードディスクは今日もお腹いっぱいです。

2007.03.15 21:40 wakaba #- URL[EDIT]
ありがとうございます

>ゆきちさん
そ、そうなんですか・・・。
ご指摘ありがとうございます。
また勉強になりました。

2007.03.13 19:27 iso #- URL[EDIT]
メモリはあまり関係ありませんよ

文中に起動時のメモリのことを書かれていますが、Universal Binaryだからといって両方のコードを読み込むわけではないので、心配ありませんよ。CPUを判断してどちらかを勝手に読み込みます。どちらかといえば、HDDのディスク容量の軽量化だけですね。

2007.03.13 12:26 ゆきち #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。