スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

右クリックで画像縮小

デジカメで撮影した画像をブログに載せたり、知人にメールを送信したりする方は結構多いのではないでしょうか。

最近はブロードバンド化も進み、画像の1枚や2枚の読み込みはあっという間になりました。
しかし、まだ大きな画像を嫌う方がたくさんいるのも事実です。

そこで考えなければいけないのは画像のサイズです。
大きな写真の場合、サイズを縮小する必要が出てきます。
その為には、「プレビュー」を起ち上げて・・・・
と言いたいところなのですが、先日書きましたとおり、残念ながらOSX10.4のプレビューでは画像のリサイズができません。
iPhotoやPhotoShopなどを使わねばなりません。

何とかもっと簡単に画像を縮小することはできないかと考え、こんなワザを思いつきました。

それはAutomatorを使ってしまおうというワザです。
automatorアイコン


Automatorを使った画像の縮小テクニックはいろいろなサイトで紹介されています。
そのほとんどはワークフローをアプリケーションとして保存して、その保存したアプリケーション版のワークフローを起ち上げ、縮小したい画像を選択し、どのくらいに縮小するか決定して(縮小するサイズが固定されている場合はこのステップを飛ばしますが)、ようやく縮小完了。
または、縮小したいファイルをApplication版のワークフローにドロップをして縮小完了。
というものです。

後者は簡単ですが、前者は結構ややこしかったりします。

もっと簡単に、例えば、Control+クリック(右クリック)から画像の縮小ができればとても簡単ですよね。
(※wakabaさんのご指摘によりcommand→Controlに訂正。以下省略。)

そんなわけで私が作ったワークフローは以下の通り。
(ワークフローの作り方については詳しく書かれているサイトがたくさんあるので、そちらを探してみてください。)

1 選択されたFinder項目を取得


2 Finder項目をコピー
保存先を「画像縮小Temp」とします。
※保存先のフォルダは事前に作っておくとよいです。場所はどこでも構いません。homeフォルダのどこかで作っておくとよいでしょう。

3 イメージをサイズ調整
比率(パーセント指定)にして「50」としておきます。
オプションで「実行時にアクションを表示」にチェックをいれておけば、その都度、縮小する比率を変えられます。ピクセル単位で縮小することもできます。(チェックを外せば、指定された比率もしくはピクセルに縮小されます。)

4 Finder項目の名前を変更
ここで「テキストを追加」を選択し、追加するテキストを「(小)」と指定して、「名前の後に置く」とします。
(オプションの「実行時にアクションを表示」にチェックを入れておけば、その都度、追加するテキストを指定することも可能です。今回はチェックを外しておきます。)

5 Finder項目を移動
移動先を「デスクトップ」にします。
(オプションの「実行時にアクションを表示」にチェックを入れておけば、その都度、保存先を指定することも可能です。今回はチェックを外しておきます。)


その画像がこちら。
ワークフロー


一つ目の工夫は「名前を変更する」というところです。
縮小前と縮小後のファイル名が同じだと見分けがつきにくいからです。
ファイル名の最後に「(小)」と追加されていれば、一目瞭然ですね。

また、途中、選択した項目を「画像縮小Temp」にコピーしておいて、最後にデスクトップに移動させるというのがミソです。

というのは、デスクトップに保存してある画像を縮小しようとした場合、先ほどの名前が変更されないどころか、縮小すらできないからです。
これはデスクトップに保存してある画像をデスクトップにコピーしてデスクトップに別名で保存するという流れができないからと思われます。



次はできたワークフローを保存します。
保存は普通に保存するのではなく、プラグインとして保存します。
プラグイン保存1

プラグインの対象は「Finder」を選択し、名前は「画像を縮小する」としておきました。
プラグイン保存2



それでは早速試してみます。

まずは縮小したいファイルをControlクリック(右クリック)して、「Automator」→「画像を縮小する」と選択します。
コマンドクリック



するとデスクトップには「(小)」が追加されて縮小されたファイルができあがります。
完成


ちゃんと画像が50%に縮小されて、ファイル名にも「(小)」が追加されました。


複数のファイルを選択しても有効です。
ただ、もともと小さいファイルの場合、縮小はできないみたいです。
これは仕様なのでしょうか?

ちなみに、保存したプラグインは
home/ライブラリ/Workflows/Applications/Finder
に保存されています。
削除したい場合は直接ゴミ箱へ移動させても構いません。

プラグインとして保存した場合24KBでした。
アプリケーションとして保存すると872KBだったので、プラグインとして保存した方がファイルサイズが小さくて済みますね。

それにしても、

Automatorってほんとに便利なツールですね。

こういう間違いは、誰でもありますよね。
僕もよく「おねがいします」を「おながいします」とタイプミスして、そのままメール送信・・・って、やらかしてます。

2007.03.17 01:35 wakaba #- URL[EDIT]

確かに、Control+クリックでしたヽ(;´Д`)ノ

実は、私はMighty Mouseを使っているので、右クリックを使用しています。
だからControlクリックとcommandクリックの違いがわかっていないみたいです。
今後、勉強します。

2007.03.17 01:17 iso #- URL[EDIT]

自分の使用環境PantherではAutomatorは搭載されていないので、Automatorのことはよく知らないのですが(AppleScriptを使い易くしたような感じ?)便利そうでいいですね。

自分もこの記事を触発され、ブログで使う画像の大きさ、画質、ファイルサイズをもう1度見直す為に、記事を書いてみました。
またインスパイアしました。

それと、Automatorはcommand+クリックで起動(?)するのでしょうか?
写真を見る限り、コンテクストメニュー(control+クリック)に見えるのですが・・・

2007.03.17 00:58 wakaba #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。