スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Automatorで簡単グリーティングメール

先日、誕生日でした。
知人から楽天のグリーティングメールがきました。

グリーティングメールはもらうと嬉しいのですが、
自分で出すのは結構めんどくさくはないですか?
なぜなら、テンプレートがたくさんあって、
どれを選ぶか迷うからです。

もっと簡単に送れないもんだろうかと思っていたら、Automatorでできそうなことが判明。

以下のようなワークフローを作ってみました。

1.「アドレスブック」の「誕生日の人を検索」

検索の範囲は「今月」にしておきました。
「今日」だと検索に引っかかる人がいなそうですし。
「実行時にアクションを表示」にチェックを入れれば、その都度、範囲を変えられます。

2.「Mail」の「誕生日のグリーティングを送信」

「実行時にアクションを表示」にチェックを入れ、その都度、イメージを選択できるようにしておきます。

グリーティングメール



すると、こんなメールメッセージができます。
グリーティングメール


宛先は検索で引っかかった人です。
件名は「グリーティングメール from ○○(自分の名前)」です。
本文には「こんにちは、○○(相手の名前)」と入ります。
が、下の名前を呼び捨てです。
さすが、Mac。
こんなところでもフレンドリーですね(笑)
でも、失礼にあたる場合があるので、「さん」とかつけた方がいいですね。

挿入される画像は自分で選択できます。(6種類)


ちなみに、誕生日の人を検索して、引っかかる人がいなければ、画像の選択を求められますが、その後、メッセージは作成されずに終わります。

LeopardのMailにはテンプレート機能みたいのもあるみたいなので、もっと素敵なグリーティングメールが作れるようになるかもしれませんね。
mailhero20060807.jpg



明後日が引っ越しだというのに、悠長にブログを書いているisoでした。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。