スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

スマートフォルダって何?

MacにはMailというソフトがあります。
mail

文字通り、メールソフトです。

Macユーザーの中にも賛否両論あるようですが、私はこのMailが使いやすいと思います。

その理由の一つはシンプルさ。
私はWindowsでは「Becky!」を使っていました。
このBecky!は多機能で「かゆいところに手が届く」というくらい細かな設定ができ、非常に使いやすいソフトだと思います。シェアウェアですが、お金を払う価値のあるソフトだと思います。
一度、「Thunderbird」を使ったこともありましたが、数日後にはBecky!に戻っていました。それくらい便利でした。
その一方では、細かな設定が必要のないユーザーにとっては、扱いにくい点もあるかもしれません。

ちなみに、「Outlook Express」はほとんど使ったことがないので、ここでは特に書くことはありませんが、セキュリティ上、あまり使いたいとは思いません。

さて、話は戻り、MacのMail。
もう一つ、便利なのは「スマートフォルダ」です。
スマートフォルダアイコン


Macを使い始めた頃、「スマートフォルダ」というものが何なのか全く分かりませんでした。
Becky!にはそのような機能がなかったからだと思います。

でも、これを使ってみるととても便利。


多くのメールソフトには、「振り分け」機能がついています。
受信したメールを、各フォルダに振り分ける機能です。
もちろんMailにも搭載されている機能です。
Mailでの設定画面はこんな感じです。
振り分けルール

振り分けの“ルール”がいくつかあります。
その一つのルールはこのような中身。
振り分け設定

「Aさんから受信したメールはAというフォルダに移動させる」というルールです。
これをいくつも作ることで、受信フォルダに受信したメールは、いくつかのフォルダに振り分けられることができます。

この振り分け方は「誰からきたか」に基づいた振り分け方です。

でも、振り分け方はこれだけではありません。
「どんな内容か」とうことでも振り分けることができます。
例えば、公私ともにつきあいのある人からのメールは、内容によっては「仕事」フォルダに保存するときもあれば、「プライベート」フォルダに保存したいときもあります。
すると、メールは下のような保存の仕方になります。
振り分け

「CCC」というメールは「仕事」「プライベート」フォルダに。
「eee」というメールは「プライベート」「重要」「趣味」というフォルダに。

これでは、どこにメールを保存したのか分からなくなります。
そこで活躍するのが「スマートフォルダ」。

まずは、このように設定します。
スマート設定

『送信者がCCCというメールは「CCC」というスマートフォルダに入れる』という意味です。
同じように、
『送信者がeeeというメールは「eee」というスマートフォルダに入れる』というスマートフォルダも作っておきます。
すると、メールは以下のように保存されます。
スマート振り分け

メール自体はもともと保存されていたフォルダに保存されたままですが、
「CCC」というスマートフォルダを開けば、すべてのフォルダの中から条件(CCCという送信者)に当てはまるメールをピックアップしてくれます。

cccというメールを探すために、「仕事」フォルダや「プライベート」フォルダを探す必要がなくなります。
「ccc」というスマートフォルダを見ればいいだけです。

Macにはこのスマートフォルダ機能がメールだけではなく、FinderやiPhotoにもついています。
それぞれ設定の仕方に違いはありますが、使い方は基本的に同じです。

なんて便利な機能なんでしょう。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。