スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

携帯電話とMac

昨日、携帯電話を買いました。
DoCoMoのSH904iです。

そんなわけで、今回は携帯電話にまつわる話です。

ここをご覧になっているみなさんは携帯電話のバックアップをされているでしょうか?
電話帳や撮りためた写真などのバックアップです。
バックアップをとっていなかったためにデータが消えたしまうなんていう苦い経験をしたくない私は、バックアップをとっています。

それだけではなく、iCalのスケジュールを携帯に移したりもします。
手帳を持ち歩きたくない私にとって、スケジュールを携帯に入れられるのは便利なんです。

そこで用いるのが「iSync
iSyncアイコン


とはいえ、私はiSyncは使っていません。
なぜなら、私の携帯に対応していないからです。
ちなみに、Appleのサポートによると、iSyncに対応している携帯は、NokiaやMotorola、SonyEricssonなどのどちらかというと海外でよく使われている携帯が多いようです。
日本の携帯に対応させるためには、リュウド社製iSyncコンジット(iSync用追加ソフトウェア)と専用USBケーブルが必要のようです。

そこで、市販のバックアップ用のソフトを調べてみました。
有名どころで3つのソフトがあります。

携帯万能17Tristar
携帯万能



携快電話15」Sourcenext
携快電話

(※携快電話zeroはMac未対応)

携帯sync for Mac 3REUDO
携帯sync


どれもMac対応です。
ただし、やっぱりシェアウェアってのは気になりますね。
お金を払う分、それなりの機能はついてきますが、できればただで使いたい。

そんなわけで、今度は携帯キャリアのデータリンクソフトを探してみました。

DoCoMoには「ドコモケータイdatalink」というものがあります。
フリーで使えます。
ただし、対応OSはWindowsのみです。
携帯メーカーによっては、メーカーが開発しているソフトもありますが、やはりWindowsのみです。

auの場合は、My Sync Suiteというのがあるそうです。
これはシェアウェアで、こちらもWindowsのみ。
キャリアが提供しているデータリンクソフトは見つけられませんでした。

Softbankは、携帯を買うと、「PC studio」というソフトの試供品がついてくることがあるようですが、その詳細はよく分かりません。(ネットで探してみましたが紹介されているページは見つかりませんでした。)
試供品というくらいだからシェアウェアだと考えられます。

どこのメーカーも携帯でデータ通信を行うためのUSBドライバーは提供していますが、
Windows用というものが多く、Mac用のものはほとんど見つかりませんでした。

やっぱりMacユーザーはシェアウェアを購入するより他はないようです。

OSのシェアから考えて、「Windows版は開発しても、Mac版は開発しない」というのは当然かもしれません。

でも、もう少しMacユーザーに優しくしてほしいものです。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。