スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

iCalで印刷してみよう

iCal。
icalアイコン

このソフトを利用している方は結構いると思います。

ただ、私の場合、iCalにスケジュールを登録しても、それを.Macにアップするわけでもなく、
googleカレンダーと連携しているわけでもありません。

どちらかといえば、自分のスケジュールは手帳に書き込むアナログ派です。

ってことは、iCalは、
ただ予定を登録しているだけです。

これって意味あるのか?
と疑問を持ったとき、ある機能を発見しました。

「プリント」

予定表をプリントできるわけですね。

では、その方法を。

まず、上のメニューから「ファイル」→「プリント」と進みます。
icalプリント


すると、こんな設定画面が。(画像をクリックすると拡大されます)
カレンダー設定


私の場合は、週ごとのスケジュールより月ごとのスケジュールを確認したいので、
「表示」は「月」に。
用紙は手帳代わりに使っているバインダーに合わせて「B5(JIS)」に。
期間は今月から1ヶ月間。
2ヶ月間に設定すると、1枚目に今月、2枚目に来月、というように印刷されます。

そして、印刷したいカレンダーにチェックを入れます。

私の場合は「終日イベント」「定期イベント」両方にチェック。
(少なくともどちらか1つにチェックを入れておかないと印刷できません。)

必要であれば、「ミニカレンダー」と「カレンダーキー」もチェック。
※カレンダーキーとは、色ごとに分けられた用例のことです。


そして、「続ける」をクリックすると、データがプリンタードライバーに送られます。
印刷


あとは、用紙がセットされているのを確認して、印刷するだけです。

こんな感じにできあがります。
カレンダー完成

カラフルで見やすいです。


でも、ここで問題。

どうやってバインダーに綴じ込むか。

普通の用紙にはバインダー用の穴が開いていませんから。
さすがのMacも穴を開ける機能はありません。

そんなときは、こんな道具を使います。
穴あけ

文房具店で2000~3000円くらいで購入できます。
(ちょっと高いですかね・・・。)


さて、ここまで書きましたが、今回は私の手帳がB5サイズのバインダーという大きなものを使っているので、簡単に印刷できました。

しかし、「バイブルサイズの用紙に印刷したい」となると、新たに用紙設定が必要です。
その方法を調べてみたのですが、どうも設定の仕方がいまいち分かりませんでした・・・。
すみません。説明はできません。

ちなみに、iCalで用紙を「A5」に設定してプリンタードライバーに出力し、プリンターでA5用紙2枚分をA4用紙1枚にレイアウト印刷できるか試してみました。
こんな感じに。
レイアウト



できるにはできるんですが、どうもうまくいきませんでした。
レイアウト後のカレンダー

こんな風にカレンダーが小さく中央によってしまいます・・。

なにはともあれ、これでiCalも私の生活に役立ちそうです。


お返事が遅れてすみません。
いつも見ていただきありがとうございます。
Macはまだまだいろいろな機能がありそうですよね。
発見するのが楽しいです。

2007.06.23 17:26 iso #- URL[EDIT]
感謝!

お世話になります。

いつも楽しみにしております。
この記事を読ませていただきました。
こういった機能が欲しかった!という、やっと背中の痒いところに手が届いた思いで、感激いっぱいです。ありがとうございます!!!

しかも、この印刷の時に“PDFで保存”なんてして、イラレで開いて自己流にアレンジできるではありませんか!ウレシイ!!!

本当にありがとうございました。
感謝感謝。

2007.06.18 10:05 さくら #- URL[EDIT]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.06.17 00:48 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

●書類検索の効率アップ ●とじ穴間隔/80mmピッチ。●コクヨチューブファイル・Kファイル・Tファイル・リングファイルなどとセットでお使いください。●12山見出し/古紙パルプ配合率70% メーカー名:コクヨ・隠れ家サロン・・・・猛暑の日の手習い・やっと夏休み(^^)・

2007.08.17 05:14 ファイルの日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。